ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

患者さん
講習会

  Tel.03-5834-8686(予約受付)

 実践セミナー(一般患者さん向)
■瞑想法(めいそうほう)で、心のステージ・アップ
  弊院では抑うつ治療の患者さんに、メンタル・トレーニング「瞑想法」を導入し、それを実践して頂いています。 同じ瞑想法でも、座禅に比べ、容易に「集中」に入れる様に工夫しました。当講座は、うつ病以外の方を対象としています。受講は一回で充分です。後は、各位が日常化してください。

  禅宗は、瞑想法を活用した自力本願、武家の宗教です。武道と瞑想は、表裏一体です。武道は体を鍛え、瞑想は心を鍛えます。雑念が無くなりますので、心に余裕が生まれると共に、集中力が高まります。ご自身を思い通りにコントロール出来れば、もはや貴方は勝者です。その
瞑想法自体に特化した講習会で、宗教色はありません。何も特別、難しい事ではありません。やり方は、到ってシンプル。一日一回、何も考えない状態に、アタマを空っぽにする訓練です。それを毎日10分、根気良く続けるだけです。形式・場所は変われど、ある意味、禅僧の修行と一緒です。慣れてくれば、電車内の座席でも出来るでしょう。それには、多少のコツが要ります。弊院で、そのキッカケを掴んでください。講習会はとりあえず、休診日を利用し、弊院内で行ないます。時間は約一時間。スペースの関係上、小人数から始めます。完全予約制ですので、前日迄に予約してください。受験生でも社会人でも、きっと役立つ筈です。

■日時:7月23日(日)PM.1:00
■料金:受付にて、当日前払い。一人、¥10,000-
■受講者のみ入室。見学、撮影は禁止とします。

   
 (只今、休止しています。)









■「ナンバ歩き」のお勧め
  「ナンバ歩き」とは、江戸時代までの、着物を着ていた頃の所作と歩き方です。同側の手と足を、同時に前方に出して歩きます。忍者の様に速く歩けて、疲れ知らず。コツさえつかめば到って簡単、誰にでも自然な動きで馴染みます。帰りはナンバ歩きで帰ってください。関節に負担をかけず、歩くのがラクで楽しくなります。

  文明開化と共に、軍服と西洋式の行進が導入されました。そして、その予備軍としての、学校の体育にも取り入れられました。結果的に、それが私達の体に染み付いたのです。西洋にマネて追い付く、富国強兵策だった訳ですから当然なんでしょう。そうなると、時代遅れの感があった日本文化は、どうしても否定的になってしまいます。やがてナンバ歩きは、忘れ去られてしまいました。しかし、女性の着物文化は、今だ根強いモノがあります。その際、振袖の邪魔にならない歩き方など、知っていた方が良いかと思います。体を捻らないので、着崩れを防ぎます。腰に大小を帯びていた武士達が、体を捻って歩けば、刀の遠心力で腰に負担がかかります。昔の旅人は、一日に10里(40km)歩いたといいます。やはり、体幹部を捻らないという事は、体力を無駄に消耗しないという、合理性があったのです。そして又、体を捻らない事により、、疲労時のふら付き歩行防止策にもなります。なぜ日本人が古来から、ナンバ歩きを守って来たかというのは、着物文化だけでは片付けられないモノがあると思います。私達は、先人達の知恵を日本人の誇りと共に、後世に伝えるべきではないでしょうか・・・。

■日時:一般治療後随時、要予約。
■料金:お一人、¥5,000- 又は回数券一回分。

    
(只今、休止しています。)










トップページカイロプラクティックって何?適応症・施術・料金・営業日時他行き方・地図
★腰痛・ヘルニア五十肩・膝痛頭痛・肩こり☆うつ症状・自律神経失調・不眠・ストレス
特集アーカイブ

                          TOP
  
         Copyright (C) 2008 Komagome Chiropractic Center. All Rights Reserved.

 
     文京区・豊島区・北区の境目に位置。千代田区・新宿区・荒川区・板橋区・台東区・足立区からも来院
       都バス利用地域/早稲田・目白・大塚・千石・田端・千駄木・根津・上野・本郷・御茶ノ水・巣鴨・西日暮里
       南北線利用地域/赤羽・王子・西ヶ原・東大前・後楽園・飯田橋・市ヶ谷・四谷・永田町・麻布・白金・目黒
       駒込カイロプラクティックセンター/東京都文京区本駒込5-50-3 三春荘206 TEL.03-5834-8686

フッターイメージ