ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

「特 集」
 アーカイブ
本文

特集TOPへ


 '18/11月の特集
■ストレスによる疑似行為
 
実際はそうじゃないのに、ストレスによって症状を呈する事があります。発端はやはり、実際の病気によるものではなく、その疑似行為によるものです。人は、往々にして無意味な事をやってしまうものです。チック現象など、がその一例です。気を付けなければならないのは、それを繰り返しているうちに、実際の症状へと移行する場合がある事です。子供によくありますが、大人にも起こり得ます。事の発端は、何気ない簡単な事からです。ストレスなどの緊張感の余り、目を頻繁にパチクリしたり、顔の表情を歪めたり・・・と様々です。殆んどの場合、ヘタに注意するよりは、放っていた方が自然に治ります。時々見かけますが、自分の首ポキポキしている人がいます。緊張の余り、間が持てなくなってやっている人もいれば、得意満面の顔でやっている人もいます。その結果、腕や手に麻痺を発症している人がいます。全く、愚かな行為です。それは、本編で度々問題視している、頚椎ヘルニア発症原因の一端です。

  呼吸器系ではどうでしょうか・・・。よく、頻繁に空咳(からせき)する人をみかけます。緊張時の咳払いを通り越して、盛んに空咳をする人です。それが高じて、クセになっているのです。きっかけは、やはり何気ない事でしょう。風邪をひいた後など、痰(たん)の切れが悪いとか、受動喫煙がイヤだとかで、つい空咳をしてしまうのでしょう。それを上司から目ざとく指摘されたりすると、よけい咳き込んだりします。そして、「病院で診て、貰った方がいいんじゃないか・・・。」などと言われると、よけい意識してしまいます。しまいには、その上司が部屋に入って来ただけで、条件反射的に咳き込んでしまいます。しかし、自宅でくつろいでいる時は、咳など一つも出ないのです。そういう、人にプレッシャーをかける上司などは、どこの世界にもいるものです。本人は、親切心だと思っているから、よけい始末に負えません。毎日、朝から晩までそんな上司と同室になり、緊張感の連続と共に、咳き込んで過ごす事に成りかねません。そうしている中に、本当の病気になってしまう事があります。

  当初は何の症状も無い空咳でも、それを繰り返すうちに、呼吸器の粘膜にストレスがかかり、炎症を起こしてしまいます。咳は恐らく風速何十メートルの強風でしょう。それに粘膜がいつも晒されていれば、内皮細胞が傷付いて、炎症が起きてしまいます。のどがヒリヒリしてきす。その症状を紛らわすために、よけい咳払いを繰り返すことになるでしょう。こうなると、完全に呼吸器疾患です。ともすれば、咳喘息への移行と共に、肺疾患など起こしかねないでしょう。結局、こういった疑似行為は、心療内科の病気でもあります。弊院は、カイロプラクティック療法による、心療内科領域の治療も行なっています。カイロプラクティック療法は背骨にアプローチして、神経の流れを整えて病気を治す治療法です。その神経には、自律神経も含まれます。ですから、整形外科関連のみならず、心療内科領域も含まれるのです。それが本来のカイロプラクティック療法です。それに加えて、弊院では心を鍛えて再発予防を図るための、瞑想法もご指導しています。

特集AC・TOPへ

▲目次へ戻る

トップページカイロプラクティックって何?適応症・施術・料金・営業日時他行き方・地図
★腰痛・ヘルニア五十肩・膝痛頭痛・肩こり☆うつ症状・自律神経失調・不眠・ストレス


                          TOP
  
         Copyright (C) 2008 Komagome Chiropractic Center. All Rights Reserved.
      ※本院に於ける治療案内・営業案内等は、当オリジナル・ホームページ最新掲載内容が全て優先します。
      ※当ホームページ著作権は全頁、駒込カイロプラクティックセンターにあり、無断の転記・転載を禁じます。

フッターイメージ