ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

今月の
 お知らせ


特集
  Tel.03-5834-8686(予約受付)

 1ヶ月間のお知らせ
■2月の日程変更等



スマホ専用サイトには、PC版トップページ上部のアニメ 部分から入れます。




 エッセイ「駒込王子」
■久しぶりの雪かき
  一月は東京にも大雪が降り、久しぶりで雪かきをしました。故郷の雪国・山形では、毎日のように雪かきをしていました。中学や高校でも、経費節減のためでしょう、その殆どを生徒達にさせていました。除雪作業当日は、各自スコップを、家から持参します。クラスに割り当てられた区域を、全員でやるので、すぐに片付きました。しかし冬休み中は、そうはイキません。中学校と高校の講堂が、屋根に積もった雪の重みで潰れた事がありました。さすがに、小学生に雪かきをさせる訳にいかないので、小学校の校庭の場合は、PTAが父兄に動員をかけてやっていた様です。故郷・梨郷村には殆ど農民だけで、冬は農閑期で藁仕事しか無かったので、人員はすぐに集まったでしょう。お父さん達は頬かむりにくわえタバコで、笑いながらやっていました。皆、その小学校の卒業生達で、普段はめったに顔を合わす機会もない人もいるので、話に花が咲いたでしょう。普段ですと、その後は酒盛りになるのですが、学校行事ですからそういう訳にもいきません。数年前、全校の生徒数が二桁になった中学校は、廃校になりました。統合になった中学校は遠いので、スクール・バスで通っているのでしょう。なにしろ、路線バスも廃止になっていますから・・・。

  現在農家には、人手不足を補うために重機があって、雪かきも楽になったようです。例え無免許でも、公道さえ走らなければ良いのでしょう。手馴れた様子で、広い屋敷内を、オバサンやお年寄りでも、ホークリフトなど縦横無尽に乗りこなしています。屋敷内は車の出入りもするので、雪はきれいに片付けてあるのですが、反面、雪下ろしのために登った屋根から滑り落ちれば、命の保障はありません。帰省すると、それで亡くなった人の話など耳にします。一般に、雪国の屋根は急勾配で、おまけに濡れたトタン屋根は、ツルツル滑るからです。屋根の天辺に、命綱用の金具でも取り付ければ良いと思うのですが、それをしないのは、何を考えてんだか・・・という気がします。
                          (2018.2.1)
「駒込王子BN・目次」へ



 '18/2月の特集
■心機一転の治療室
  昨年8月に現在の住所に引っ越しました。狭いアパートに引っ越して、そのデメリットが大きい反面、多少のメリットもあります。今までの事務所は18坪の広さがあったので、治療室のみならず、待合室・更衣室・受付事務室など、充分な広さがありました。新しい事務所探しは、日数の余裕がなかったので、場所の分りやすさと使い勝手を優先しました。洗濯機置き場や充分な物干し場さえ、ありません。その代わり、入り口は、お隣りと私の部屋だけの、二階への専用階段になっています。ですから、その他の入居者と顔を合わせる事はもありません。以前の事務所でも、余分な家具などなるべく置かないようにしていましたが、それでも、新事務所には入り切らず、最低限のモノだけ残し、殆ど処分しました。いずれも、20年以上使用した、愛着のある物ばかりでしたが、仕方がありません。その中には、もう1台の、高価な治療ベッドも、ありました。衣料に到っては、あまり物持ちではない方ですが、殆どを処分しました。スーツに到っては、夏・合、紺のスーツ、二着を残しただけです。

  引越し先の部屋に置いてみても、押入れ・天袋に入りきらず、さらに処分を余儀なくされました。趣味の一輪車は処分し、高価に改造したミニサイクルだけ残しました。今まで二階の事務所に担いで上がっていたので、12年経ってもピカピカだったモノが、今は雨ざらし、わずか半年で錆びが来てしまいました。ちなみに、アパートで仕事をするに当たっては、なんとか、大家さんの許可を取り付けましたが、看板は出せません。入り口に置いてある、その銀色のミニサイクルが、郵便ポストと共に、弊院・入口の目印になっています。そして、少しでも大家さんの心象を良くすべく、先月大雪の朝、雪かきをさせて貰いました。そんな関係上、治療時間は、午後7時を限度にさせていただきます。 現在は、治療スペース六畳と、キッチン、トイレだけです。しかし、治療室が個室対応と思えば、充分広いです。リラクゼーション院の個室なんかに比べたら、はるかに広いです。ただ、待合室が無いだけです。治療中は、何ら不便をお掛けしません。ですから、一旦治療室に入って頂ければ、そこがアパートの一室である事は、忘れてしまうでしょう。

  着替えをする最低限のスペースはあります。原則として、着替えない出で立ちでお願いしていますが、スカートの通勤女性用に、ジャージのスラックスを用意してあります。室内環境は、ガソリンスタンド横の旧事務所に比べたら、とても静かです。エアコンの音も微かで、室内には適音量の、クラシック音楽が流れているだけです。お陰様で、一度見えた患者さんには、気に入って頂いています。畳敷きの部屋ですので、付き添いの方の同室も構いません。ただし、治療中の患者さんとの世間話などは、ご容赦願います。現在は、患者さん同士がかち会わない様にしていますので、治療前後の時間に余裕を持たせ、一時間にお一人の患者さんで対応しています。ですから、誰にも知られずに治す事も出来ます。弊院は開業以来22年、カイロプラクティック療法に携わっております。治したい方は、お待ちしています。只今、受診中の女性患者さんには、O脚矯正サービスを実施中です。


「特集AC・目次」へ
特集AC・TOPへ



トップページカイロプラクティックって何?適応症・施術・料金・営業日時他行き方・地図
★腰痛・ヘルニア五十肩・膝痛頭痛・肩こり☆うつ症状・自律神経失調・不眠・ストレス
講習会駒込王子
梨郷村BN
                          TOP
  
         Copyright (C) 2008 Komagome Chiropractic Center. All Rights Reserved.
       文京区・豊島区・北区の境目に位置。千代田区・新宿区・荒川区・板橋区・台東区・足立区からも来院
       都バス利用地域/早稲田・目白・大塚・千石・田端・千駄木・根津・上野・本郷・御茶ノ水・巣鴨・西日暮里
       南北線利用地域/赤羽・王子・西ヶ原・東大前・後楽園・飯田橋・市ヶ谷・四谷・永田町・麻布・白金・目黒
       駒込カイロプラクティックセンター/東京都文京区本駒込5-50-3三春荘206 TEL.03-5834-8686

フッターイメージ